心と体を浄化する

体にとって有害な物質とは

近年、有害物質に汚染された海に生息する魚の体内に水銀などの有害金属が蓄積されたり、アトピーなどのアレルギー反応が起こったりと、わたしたちの暮らす現代社会には多くの弊害が顕著になってきました。
 
その昔なら、堆肥のみで栄養を与え作物を作ってきた農業界にも化学肥料の使用などの問題が浮上し、現在では有機農法をうたった食材を自らの手で選びとらなければならないといった非常に厳しい状態になっています。
 
また、食べるものに細心の注意を払っていたとしても、それらの肥料、保存料の類いである人工合成化合物のほか、ダイオキシン、排気ガスを完全にシャットアウトすることは不可に近いです。
 
現在、私たちの体に有害だといわれている物質には、主に3つのものがあります。水銀、鉛、カドミウム、スズ、アルミニウム、ニッケルなどの有害金属がまずそのひとつ。体内に入ると排泄されることがなく体に蓄積されていきます。
 
ふたつめは人工合成化合物です。ホルムアルデヒド、人工有機フッ素化合物、人工ムスクなどがそれにあたります。
 
3つめは、過剰症を引き起こす可能性のある栄養素で、糖質、脂質、ナトリウム、カルシウム、リン、脂溶性ビタミンなどを含みます。


スピリチュアルビューティーをソーシャルブックマークに登録

  • はてなブックマークに追加

     

    Yahoo!ブックマークに登録

     

    イザ!ブックマーク

     

    BlogPeople Instant Bookmarkに登録

     

    BlogPeopl Tagsに登録

     

    ドリコムRSSに登録

     

    Buzzurlに追加

     

    PingKingポッケに追加

     

    POOKMARK Airlinesへ追加

     

    Saafブックマークへ追加

     

    Choixへ追加

     

    newsingに投稿

     

    ニフティクリップに追加

     

    Livedoor クリップに追加

    FC2ブックマークに追加

     

    GoogleBookmark に追加

     

    del.icio.usに追加する

     

    Technorati に追加

     

    Furlへ追加

     

    Blinklistへ追加

     

    Redditへ追加

     

    Digg This Story

     

    Sphere It

     

    Add to Netscape

     

    Add Yahoo Myweb

     

    Add to Newsvine

     

    Add to Blogmarks

    Add to Magnolia

     

    Add to Windows Live

     

    Add to Tailrank

     

    お気に入りに登録