心と体を浄化する

デトックスの元祖、アーユルヴェーダ

最近よく耳にするようになった〝アーユルヴェーダ〟。このアーユルヴェーダはれっきとした世界三大医学のひとつです。西洋医学が治療を重点的に行うのに対して、予防医学的発想のもとにおこなわれる方法です。実は、デトックスといえば、元祖となるのはこのアーユルヴェーダなのです。
 
アーマという毒素が体内に溜まるといわれており、それによりドーシャが流れ出し体が乱れて病気になるといわれています。アーマの反対語としてオージャスがあります。これは、食物が完全に消化されることにより体内生産されるものです。
 
アーユルヴェーダでは、このオージャスこそが美と健康のすべてだといわれています。前述のアーマは消化されずに体内に残ったもののことをさします。腸や血管の壁にこびりついている毒素や動脈硬化をひきおこす元になっているコレステロールのようなもののことをいいます。
 
ドーシャは、風のエネルギーであるヴァータ、火のエネルギーであるピッタ、そして水のエネルギーであるカッパという3つのエネルギーの組み合わせのことをいい、私たちの体の体質もこの組み合わせにより決められるといわれています。
 
これらのバランスが壊れることで病気になったりします。個人差はありますが、それぞれに合わせた食生活や病気の治療があります。

スピリチュアルビューティーをソーシャルブックマークに登録

  • はてなブックマークに追加

     

    Yahoo!ブックマークに登録

     

    イザ!ブックマーク

     

    BlogPeople Instant Bookmarkに登録

     

    BlogPeopl Tagsに登録

     

    ドリコムRSSに登録

     

    Buzzurlに追加

     

    PingKingポッケに追加

     

    POOKMARK Airlinesへ追加

     

    Saafブックマークへ追加

     

    Choixへ追加

     

    newsingに投稿

     

    ニフティクリップに追加

     

    Livedoor クリップに追加

    FC2ブックマークに追加

     

    GoogleBookmark に追加

     

    del.icio.usに追加する

     

    Technorati に追加

     

    Furlへ追加

     

    Blinklistへ追加

     

    Redditへ追加

     

    Digg This Story

     

    Sphere It

     

    Add to Netscape

     

    Add Yahoo Myweb

     

    Add to Newsvine

     

    Add to Blogmarks

    Add to Magnolia

     

    Add to Windows Live

     

    Add to Tailrank

     

    お気に入りに登録